店舗で購入できるTシャツとネットで作成するTシャツの違いとは

店舗で購入できるTシャツとネットで作成するTシャツの違いとは

レディ

自分のオリジナルを活かす

パーカー

オリジナルパーカーが人気の理由として、自分でデザインを行ったりお店にないものを作れるといったことが考えられます。また、注意すべきポイントとしてブランドなどの真似をせず、自分だけのオリジナルを活かしたものを作ると良いです。

もっと読む

費用をかけすぎない

刺繍

オリジナルの刺繍がついたポロシャツを注文する場合、たくさん注文しなくてはならないのではないかと考える必要はありません。一枚からでも追加でお願いすることができます。ショップによってはデータをずっと保存してもらうことができるため、期間が空いても注文できるので安心できます。

もっと読む

オリジナルが作れる

ポロシャツ

オリジナルのポロシャツを作成する場合には、専門の業者がありますのでそちらに依頼しましょう。かなり短納期で作成してくれるところもあります。ポロシャツだけでなくその他の素材へのプリント、刺繍を行っています。

もっと読む

オリジナルで勝負

子供たち

お店やネットでも買えるTシャツですが、なかなか好みのTシャツに出会えないことがあります。もしくは学校や会社のイベントなどで一体感を出すために特別なTシャツが必要になることもあるでしょう。その時は自分たちでオリジナルTシャツを作成してみてはいかがでしょうか。作成方法は簡単なものから本格的なものまであります。簡単なのは既製品として無地のTシャツを購入し、パソコンでアイロンプリント用の布に好みの絵柄を印刷し、胸や背中部分にアイロンで張り付ける方法です。ちょっとしたテクニックとして布用のペンも併用することにより、さらに手作り感のあふれるTシャツを作成できます。布用のペンであれば安価で子どもでも簡単に作成出来ることが魅力的です。

よりオリジナリティを求めるのであれば生地から作ってみましょう。ニット生地も様々な色や柄があるため、理想とする色味がきっと見つかります。一から作ることで形も袖や裾にフリルをつけるなどアレンジがしやすくなります。また、襟ぐりや袖の色をあえて他の色に変えてもオシャレでしょう。リボンやスパンコール、ビーズ、ボタンなどを使い、絵を描くなどの装飾をしても可愛いです。布は新しく買うばかりではありません。もう着なくなったTシャツを分解して他のものと組み合わせることにより、お気に入りの柄などを長く着ることが出来ます。Tシャツは洋服の中でも作るのが簡単であり、ネットに無料で型紙を公開しているサイトもあります。あなたもオリジナルTシャツを作成してみてはいかがでしょうか。また、オリジナルTシャツを作成業者にお願いするのもいいでしょう。ほとんどの業者はHPを運営しているので、そこから作成の依頼を出すことができます。業者は作成前に仕上がりイメージを知らせてくれるので、完成品が自分が想像していたものと異なることはないでしょう。